ようこそ免疫アレルギー学研究室へ

免疫とは、生体内に侵入してきたウイルスや細菌などの病原体を排除したり、体の中にできたがん細胞をやっつけてくれたりする、我々が生きて行くためには必要不可欠なシステムです。一方で、この免疫システムが過剰に働いてしまうと、外界のあらゆる物質に反応しやすくなる『アレルギー疾患』になってしまったり、自分の体を免疫細胞によって攻撃されてしまう『自己免疫疾患』になったりします。我々は、「どうやってアレルギーや自己免疫疾患が起こってしまうのか?」といった免疫システムのメカニズムの解明や、「なぜ免疫にはこのようなシステムが存在するのか?」といった素朴な疑問まで、幅広い研究活動を行っております。